ドレミノウタ

長い間しまっていた『オキニイリ』と最近見つけた『タノシイコト』。mixしてゆるやかに綴ります。
かもめ食堂のシナモンロール
JUGEMテーマ:自家製酵母パン


最近はなかなかパンを作る時間がなく、

そんな中頑張って作ったのに、失敗してしまった残念なパンの紹介です。


IMG_0402_m.jpg


こちら、大好きな映画『かもめ食堂』に登場するシナモンロールをフューチャーしたものなのですが、

成形している時から生地がドローンとして、嫌な予感がしていました。

そして嫌な予感というのは、不思議と当たるものなのですね。


ふわっ、さくっという食感が無く、重くて、べたべた、生焼けのようなパンが。

↑ の写真は、それを無理矢理焼きなおし、生焼け状態を回避したものなのですが、

ますます重ーく、かたーく、なってしまいました。。。



↓ の写真が焼く前の状態です。

ロールからしみだしているのがバター、たっぷり塗ってしまったのがいけなかったのかも。。。

IMG_0401_m.jpg


レシピを見ながら作る時、分量外のものの加減が結構難しかったりしますね。

今度はもっとサラッと塗ってみます。


加えて、生地に入れたスパイス『カルダモン』、キツすぎてとても食べられない!!!


レシピはYOUTUBEで紹介していた『かもめ食堂のシナモンロールを再現』の動画。

実際に映画でもカルダモンを刻んでいるシーンが出てきます。

でも・・でも・・あれはキツイ。


私と同じ体験をした方、きっとたーくさんいることと思います。。。。


かもめ食堂のシナモンロール、私の『いつかリベンジリスト』上位にランクインです。

| パン | 12:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
全粒粉のまるパン
JUGEMテーマ:自家製酵母パン
 

なかなか迫力のあるパッケージです。

IMG_0294_m.jpg


滋賀県に暮らす妹からのプレゼント。

よく見ると、ブツブツが混じっているのですが・・・わかりますか?

IMG_0295_m.jpg


美味しいパンを作れそうな予感が・・・


で、さっそく作ってみることに!

私の参考書、おうちでのーんびりたのしむ『自家製酵母パン』の本(著:佐原文枝) 

17ページにある『全粒粉のまるパン』のレシピで作りました。


作り方はシンプルまるパンと同じなのですが、強力粉200gのうち、30gを全粒粉に。

50g(つまり4分の1)まで全粒粉を増やしてもいいとのこと。

私はてっきり全粒粉200gで作るのかと思っていたのですが・・・全粒粉は膨らみが悪いので

一部を置き換えるとのことです。



さて、パンの焼きあがりですー。

焼く前に強力粉を茶こしで振りかけて、お化粧しています。

全粒粉の茶色が引き立ちますね。


IMG_0300_m.jpg


割ってみたところ。 ふかふかです〜。

IMG_0301_m.jpg


↓ の写真は以前作ったシンプルまるパンです。
光の具合もありますが、色の違いがわかるかと思います。





今度はもう少し全粒粉を多く入れてみようと思います。

本には50gまで、とありましたが、100gくらいのも作ってみようかな。

膨らみが悪いということなので、その分少し長く発酵させてもいいのかもしれませんね。



妹のお陰で、美味しいパンを作ることができました。

焼き立てを持って行ってあげられないのがとても残念。。。。




| パン | 10:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
いろいろベーグルとカッティングボード。
JUGEMテーマ:自家製酵母パン
 

パン作りもだんだん慣れてきて、自分なりのアレンジを加えられるようになってきました。

IMG_0257_m.jpg


今日は、 黒ゴマ、  ミックスベリー、  カマンベール&くるみ、  ドライトマト&バジル

の4つのアレンジです。黒ゴマは見た目にもインパクトがありますね。。



どれも美味しかったのだけど、中でも好評だったのが、 カマンベール&くるみ。




私の会社の後輩で、パン作りの先生でもあるkちゃんが作ってくれたパンを参考にしました。

でも・・・私のパンはチーズがかなり溶け出してしまって。(涙)


生地にもしみ込んでいるので味はgoodなのですが、もっと存在感が残せるといいなって思います。


kちゃんに聞いてみよ。

以前コメントをくれたひろぷぅさんにも聞いてみような。。




さて、今日はもう一つ 『オキニイリ』 の紹介、 『KAKI工房』 のカッティングボードです。

KAKI工房』 は、私の出身富山県にある工房です。

粟巣野山麓という山奥で、自然に囲まれて様々な家具を作っています。


IMG_0271_m.jpg


この繊細な飾り、すべてhandworkです。

もう何年も使っているので傷だらけだけど、それがまたいい味になっています。

IMG_0272_m.jpg


KAKIの小物(私と同じカッティングボードも載ってますよ)
http://kakismall.exblog.jp/



作品だけでなく、生き方もとっても素敵な方々なので、

お時間のある方は一度Blogや本をご覧になってみてください。


| パン | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
基本の 『シンプルまるパン』
JUGEMテーマ:自家製酵母パン





タイトルにある 『シンプルまるパン』 は、私の参考書である

おうちでのーんびりたのしむ『自家製酵母パン』の本(著:佐原文枝) で

一番最初に詳細されているパンの名前です。

 『シンプルまるパン』 ・・・ かわいいですよね。

ちびまるこちゃん好きな私は

 『まるまるまるこのシンプルまるパンだよー』 などとつぶやいてみたりします。。。


さて、みなさんは How to 本を読む時、またこれを見て実際に何かを作る時、

A. そりゃー、最初から順番にでしょ。

それとも

B. どこからでもいいんじゃん?

どちらのタイプですか?


私は若かりし頃、完全に TYPE-A でした。。。恥ずかしいくらい徹底的に。(笑)

でも最近は TYPE-B が多いかもしれません。

よく言えば柔軟に、悪く言えば適当に、なってきたのかもしれません。。。


パン好きな人、カフェ好きな人にとって

『ベーグル』 と 『フォカッチャ』 は憧れの存在。

あんなパンを作れたらいいなーと私もずっと思っていたので、ついこちらを先に

作ってしまいました。


そして、ようやく 基本の 『シンプルまるパン』 にとりかかったのです。



とっても長い前置きでごめんなさい。何はともあれ、美味しく焼けましたー。




焼きたての時は、表面がパリパリして、香ばしい感じ。。。

今回はベーグルで使っている米粉入りの粉だったので、少しお煎餅っぽい感じも。


それが20分くらい経つと、少ししっとりして、中のふわふわと馴染んだかんじに。

じんわりとした甘みも、よく感じられました。



一番シンプルなものが美味しいって、とっても信用できます。

この本を選んで良かった ・・・ これからも、この本に紹介されているいろんなパンを

焼いてみようと思います。ありがとう、佐原先生!


ここで今日のBlogを終えようと思ったのですが、

最近ずっと更新していなかったので、もう少し、写真を紹介したいと思います。


『シンプルまるパン』  × 私の作った器  コラボ写真です。 




ここ数年休んでいるのですが、陶芸を4年くらい、ひしこいてやっていました。

千葉の木更津の登り窯で3日間、エイ!ヤー!と薪を焚き続けたこともあります。
(一人じゃありませんでしたが)


仕事との両立が難しくお休みしてしまいましたが、

当時作った器達は今も愛用しています。


↑↑↑↑ の写真の器は、黒御影(くろみかげ)という土を使った、焼き締めの皿です。

焼き締めというのは、釉薬を掛けずに焼いたもので、土の風合いがそのまま出てきます。

マットな質感は、ちょっとクールな印象です。






↓↓↓↓↓ の器は、同じ黒御影の土に白化粧をして、薄い白マットの釉薬を掛けて焼いたものです。




白化粧(しろげしょう)とは、その名の通り、白味の出る土を溶かしたものを器に塗ることで

お化粧しているように白くみせる技法です。


最初から白い土を使ったり、白い釉薬を使ったりと、白い器にもいろいろなタイプがあります。


でも、私はこの白化粧という技法が大好きで、よく使っていました。


地の黒い土とのコントラストが気に入ってます。


この器は柄杓 (神社の入口で手を洗う時に使うやつ)で白化粧を投げ掛けて、

わざとムラがでるようにしました。


いろいろと、思い出のある器です。






このBlogのサブタイトルにある、

長い間しまっていた『オキニイリ』 をようやく紹介することができました。



これからも少しずつですが、紹介したいと思います。



| パン | 11:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
フォカッチャサンド。
JUGEMテーマ:自家製酵母パン
 

新しいオーブンでのパン作り第二弾はフォカッチャです。




今日は半分にスライスして、野菜とベーコンをサンドしてみました。

美味しかったですよ。


職場にも持って行って、会社の仲間に食べてもらいました。
半ば強制的に(?)食べさせちゃったかも・・・。



夜、靖国神社近くにあるSAN BAN CHO CAFEに行きました。


SAN BAN CHO CAFEは、元印刷会社の倉庫だったところをリノベーションして

カフェにしたというユニーク・そしてステキなカフェです。


これまでランチしか行ったことがなく、初めての晩ゴハンです。



ラタトゥイユと一緒にフォカッチャをオーダー。

自家製だと聞きました。



うーん、美味い!!!さすが、プロの味。



でもいろいろなヒントをいただきましたぞ。


ラタトゥイユも美味しかった。。。。


| パン | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ベーグルできた。Part-
JUGEMテーマ:自家製酵母パン
 

新しいオーブンで焼いた初めてのパン。

こんなに上手に焼けました。やったー♪




裏も焦げてない。(笑)
cuocaオリジナルの米粉入りの小麦粉を使っているので、表面がカリっとした感じになってます。




焼いている時のオーブンの様子。
230度で9分経ったところ。焼きあがりまでは15分でした。





仕事が終わってから、

記念すべき初窯(?)ベーグルを、友人しばちゃんのところに持って行きました。


しばちゃんは、7月2日に東京・深川(清澄白河)にOPENした器の店『青葉堂』の店主でもあります。


青葉堂』、ベーグルの話以上にBlogで紹介したい話題なのですが、

残念ながらカメラを忘れてしまったので、写真がありません。。。



今度、天気の良い週末にでも、撮影を兼ねて遊びに行きたいと思います。



かわいい器がたくさんありますよー。

器好きな読者の方、お楽しみに。。。

| パン | 07:21 | comments(2) | trackbacks(0) |
オーブントースター。
JUGEMテーマ:自家製酵母パン


この週末も暑かったですね。


夜、近所に買い物に出た時に雨がパラパラ降っていました。
これで少しは涼しくなるといいのですけどね。


さて、今回はわが家に新しい道具が仲間入りしました。


オーブントースターです。



これまでは温度調整のできない『トースターレンジ』を使っていました。


私は割と『あるもので工夫してモノを作る』のが好きなタイプ、
弘法筆を選ばず という言葉があるじゃないか!というタイプです。

そしてベーグル、フォカッチャを作る中で、
そこそこ温度を調整する方法も掴めてきていました。


でも・・・

パン作りが楽しくなればなるほど、もっともっと美味しいパンを作りたい!と思うようになりました。
パンを作る方なら、私と同じように思う方がきっといらっしゃることと思います。


パンは材料も工程もシンプルな分、焼き方でずいぶんと結果が変わってくるように思います。


パン作りの経験は少ないのですが、陶芸の世界で
一土、二焼き、三細工と言って、形を作ること以上に材料や焼きが大事だよ、という昔からの
格言(?)のようなものがあるのです。

これ、パン作りにも言えてるなー、と思うのです。


で、10年近く愛用してきたトースターレンジを手放し、新しいオーブンレンジを買うことにしたのです。

TOSHIBA スチームオーブンレンジ 石窯オーブン 21L アイボリーホワイト ER-H6(W)


買う時に、比較サイト等で口コミやレビュー等を参考にしました。
このオーブンを買った方の中にはパン作りをされている方が割と多くて、
実際に使ってみての満足度も高かったのでこれにしました。


オーブンを買いたいなーと思っている方は、是非こちらを参考にしてみてください。
コンパクトサイズなので、キッチンのスペースが狭い方、一度に焼くパンの量が少なめの
方に、特におすすめです。


明日の朝、第一回目のパン焼きをしますので、
そちらの結果もまたご報告します。


| パン | 01:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
フォカッチャ
JUGEMテーマ:自家製酵母パン
 




ベーグルに続き、今度はフォカッチャに挑戦。


(特徴)

1. 生地に入れる水の代わりに牛乳、オリーブオイル(少し)を使う

2. 広げてから指で穴を空ける

3. オリーブオイルを塗って、塩とローズマリーを振って焼く



パンって、ベースの材料はほとんど変わらないのに、
ちょっとした違いで個性が出ますね。


ベーグルはドーナツみたいなあの形と、焼く前のボイルで『もっちり』させるのが特徴。


フォカッチャは、あの形と食感はもちろんのこと、
オリーブオイル・塩・ローズマリーの風味が他には無い個性。

他にもオリーブやスライスポテトをトッピングしたものもありますね。


例によって、トースターレンジで焼きましたが、
結構パンの好きな温度がわかってきて、
温度設定が無くてもいろいろな方法で調整できるようになってきました。


今回は焦げてないでしょ?


| パン | 14:24 | comments(2) | trackbacks(0) |
ベーグルできた。
JUGEMテーマ:自家製酵母パン
 

できましたー、ようやくパンができました。

ベーグルにしました。
焼く前に一度茹でるのがベーグルの特徴。
だからモチモチになるんだそうです。


で、作り方ですが、

強力粉に砂糖、塩、元種を入れ、水を少しずつ加えながらまぜまぜ。

元種は、あらかじめヨーグルト酵母と強力粉少々を合わせ発酵させたもの。
つまりこれで膨らむのです。


ある程度まとまったら、台の上でねりねり。
これが意外とうまくいかない・・・もっと伸びて欲しいけどぶちぶち切れちゃう。

でもなんとかねりねりして、1つのボールにまとめたらボールに入れて一次発酵!
4〜6時間の休憩です。

ぷくーっと膨れたら分割して、成形に。
俵型にした生地を麺棒で広げ、まきまきして細いロール状態にしたら、輪っかにします。




これをまた30分休ませたら、いよいよお湯にドボン。

引き上げたらオーブンで焼くこと15分。

とうとうベーグルちゃんの完成!やったー!!


なかなかいい感じ。。。






と、思ったら

あちゃー、裏が焦げてた。(笑)





トースターレンジだから温度調整がきかなくて。


でも今日はこれでよいのだ。

見よ、この美味しそうなベーグルサンドを! (ホントに美味しかった♪)




作ってよかったな。


これからが本当に自分なりのパン作り。
自分なりに工夫して作っていきたいと思います。




| パン | 00:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
元種
JUGEMテーマ:自家製酵母パン
 

元種って

パンを作る前にあらかじめ『酵母と粉のナカヨシさん』を作っておく

ってことのようです。


それを粉・水と合わせて、パンの生地にするってことですね。


いきなりたくさんの粉と酵母をまぜまぜしちゃうより、
最初に少しナカヨシさんを作っておいて、そこから展開する方が
うまくいくのだろうと思います。

なんだか、人間関係とも似てますね。(笑)


さて、本題の元種です。

ヨーグルト酵母と強力粉を
30gずつ入れてまぜまぜ
  ↓
ぷくぷく発酵

というプロセスを
1日1回、
3日間繰り返した状態。

これが最後です。

瓶についてる輪ゴムは目印。
倍の高さまで膨らむように、
酵母くん、頑張れ。



瓶の中。



そして待つこと2時間。

ちゃんと膨らんだ。


嬉しいものですね。ホントに。


さてさて、いよいよパン作りらしい作業になってきました。

ガンバルゾ、オー!!


でもここでまた新たな問題が。

我が家にはオーブンが無いのです。トースターレンジを10年以上使ってます。
だって家が狭くって、置けないんだもん。(涙)

温度調整できなきゃ、ダメなんだろうなぁ・・・。

| パン | 11:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
私の参考書。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
RECENT COMMENT
PROFILE
ARCHIVES
モバイル
qrcode